葛城市で探偵に配偶者の不倫の相談を行い調査を依頼してハッキリさせます

MENU

葛城市で探偵が不倫相談の調査で着手するフローと要旨

不倫に関する調査を探偵事務所に無料で相談し申請し、調査した趣旨を伝えて査定金額を出させてもらいます。

 

調査手順、調査内容、査定額が合意できたら実際の取り決めを締結します。

 

実際に契約を結びましたら調査は行わさせていただきます。

 

不倫調査する場合、通常2人1組で行われることが多いようです。

 

場合によっては、希望に応えて探偵の人数を減らしたりさせていただくことは問題ありません。

 

探偵事務所での不倫に関する調査では、調査中に随時連絡が入ってまいります。

 

それにより調査は状況を把握することができますので、安心することができますよ。

 

 

我が事務所での調査の決まりでは規定日数が定められてあるため、規定日数分の不倫の調査が終了しましたら、全調査内容と全結果を合わせた調査結果報告書をあげます。

 

調査結果報告書には、詳細に調査内容についてレポートされ、不倫調査中に撮影した写真などが同封されています。

 

不倫の調査での以降、ご自身で裁判を申し立てるような場合、ここでの不倫調査結果の調査での内容や写真類は肝要な証拠です。

 

調査を当探偵事務所へ要求する狙いとしてはこのとても肝心な不倫現場証拠を掴むことにあります。

 

仮に、調査結果報告書の中身に満足できないときは、調査の続きを要望することも可能です。

 

結果報告書に承知して本契約が完遂したその時は、これらで今回の不倫のリサーチはすべて終了となり、肝要な調査に当該するデータは探偵事務所にて抹消します。

葛城市で不倫調査は探偵が言い逃れできない証拠を司法に提出してくれます

不倫のリサーチといえば、探偵事務所の事がイメージわきますね。

 

「探偵」という仕事は、相談者様からの不倫調査のご依頼を受けまして、周辺の聞き込みや、尾行、張り込みなどの様々な方法を使い、特定人の所在、活動の確かな情報を集めることが仕事です。

 

わが事務所の仕事内容は多種多様であり、多い依頼は不倫調査であります

 

不倫の調査はそれだけ多いものなのですね。

 

シークレットが重要とされる探偵仕事は不倫の調査にはバッチリ!といえますでしょうね。

 

プロに不倫調査を依頼をしたら、プロならではの知識、テクニックを用い、ご依頼人様が必要とされる確かな情報や証拠を寄せ集めて報告します。

 

 

不倫調査のような作業は、前まで興信所に依頼するのが当たり前だったが、以前と違いまして結婚する相手の身元や会社の雇用調査等がほとんどですので、一般的な探偵業のような秘かに調べるのではなく、目的の人物に興信所の調査員だと言います。

 

また、興信所というところはそんなに丁寧に調査をしないです。

 

親しい知人へ様子を聞き込みするだけの場合もあるそうです。

 

近頃の不倫調査では、ターゲットに気づかれないように、身のまわりの調査をしてもらいたいことが多いので、興信所よりも探偵の方が比較的向いています。

 

私立探偵社対する法律は制定されていませんでしたが、違法な手段による調査が沢山発生したことから平成19年に探偵業法が施行されました。

 

ですので、公安委員会に届出をしなければ探偵業ができません。

 

なのでクリーンな探偵業がなされていますので、安心して探偵調査を任せることが可能なのです。

 

ですので、何かあった時はまずはじめに我が探偵事務所にご相談してみることをオススメしたいと思います。

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

葛城市で探偵事務所に不倫を調査する依頼時の費用はいかほど?

不倫調査において必要なことは探偵に要望ですが、手に入れるためには証拠などを脱毛に不服だった場合に、優秀な分、コストは上がる動向があります

 

ただし、依頼する探偵事務所などにより費用は違いますので、たくさんの探偵の事務所があればその事務所ごとでの費用は異なっているでしょう。

 

不倫の調査でのケースでは、行動調査という1人につき調査料が課せられるのですが、探偵員が増えていくとそれだけ調査料がそれだけ高くなっていきます。

 

相手の調査には、尾行だけ、結果のみの簡単な調査のほかに、予備の調査、特殊な機材、証拠で使えるVTR、報告書で提出する「基本調査」と二つあります。

 

行動調査に代金は、1hを一つの単位と決めています。

 

契約時間を過ぎて調査する場合は、延長代金があらためて必要にきます。

 

 

尚、探偵1名に分につき一時間当たりの料金がかかってしまいます。

 

他に、車両を使ったとき、料金が必要になります。

 

必要な日数×台数毎に決めています。

 

必要な車両の台数によって必要な費用は変化します。

 

それに、交通費やガソリンや消耗品等調査に必要な諸経費等も必要になってきます。

 

ほかに、状況に合わせてになりますが、特殊機材などを使う場合もあり、それにより代金がかかる場合もあります。

 

特殊機材の中には、暗視ゴーグル、偽装カメラ、仕掛け用カメラ、隠しマイク、隠しカメラのモニター様々なものがあるのです。

 

私どもの探偵事務所ではこれらの特殊機材を用いて非常に高いスキルで難しい問題も解決に導くことができるのです。